大田区ドクターズ | 病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 獣医師(大田区)―

奥田 一士 院長院長/ゆめ動物病院(馬込駅・犬)の院長紹介ページ

奥田 一士 院長

KAZUSHI OKUDA

飼い主さんとのコミュニケーションを大切に、ペットの幸せな一生をサポート。

大学卒業後、都内の動物病院などでの勤務を経て、2011年、馬込駅近くに開業。

奥田 一士 院長

奥田 一士 院長

ゆめ動物病院

大田区/北馬込/馬込駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ハムスター
  • ●ウサギ
  • ●その他

夫婦ともに獣医師である強みを、開業医として活かす。

奥田 一士 院長

今は主にワンちゃん、ネコちゃん、うさぎなどの動物を対象に治療していますが、もともとは、競走馬の獣医師になりたいと思っていました。獣医学部で学び、卒業後は動物病院に勤務したのですが、その中で、少しずつ今のかたちになっていきました。獣医師になったときは優しい先生でいようと思いました。「なんで早く連れてこなかったの」と飼い主さんに厳しくあたってしまうと、せっかく足を運んで下さったのに、信頼関係が築けないままになってしまいますからね。責任のある立場へのお話をいただいたのですが、このまま動物病院での勤務を続けていくか、思い切って開業するか悩んだ末、開業しようと思い立ちました。夫婦で獣医師なので、夜間急に手術が必要になったとか、緊急処置をしなければといった場合にも、同じ所にいるのですぐに対応できる、という強みがあります。連絡がとりやすいので仕事がしやすいですね。

動物たちが一生幸せに暮らせる医療を実践。

奥田 一士 院長

動物たちが一生幸せに暮らせるように、そのお手伝いをしたいとの思いで、2011年に都営地下鉄浅草線「馬込駅」から徒歩2分の当地に開院しました。馬込には、妻の実家もあり親しみのある土地でした。ちなみに『ゆめ動物病院』は、妻の名前「夢」からとっているんです。今は子どもが小さいのでそちらを優先していますが、妻も獣医師なので、ときどき院を手伝ってもらっています。診療、手術、レントゲン、ペットドッグなどのほかに、入院もできます。入院用の部屋は2つ作ってあるので、ワンちゃんとネコちゃんで部屋を分けたり、鳴き声に怯える場合は他の動物たちと違う部屋に寝かせたりなどの対応をしています。そうすることで、動物たちのストレスを軽減させられるかなと思っています。また、傷の治し方も、乾燥して治すというよりは、潤わせて治すという視点で治療をしています。夏井睦先生、山本先生と言った、その分野の先駆者の方とのご縁があって、最先端の治療に触れることができました。その経験を現場で生かしていきたいと思っています。

丁寧なコミュニケーションで飼い主さんが相談しやすい環境をつくる。

奥田 一士 院長

飼っているワンちゃん、またはネコちゃんが今はどういう状況なのか、何でこういう症状がでているのかを丁寧に説明するようにしています。飼い主さんは不安な状態でいらっしゃいますので、まずは安心していただくために、丁寧なコミュニケーションを取りたいと思っています。信頼関係が築けないと、なかなか相談しづらいですよね。そうなると、飼い主さんにも動物たちにもマイナスになってしまいます。こういった心がけが届いているのかなと感じたことがあります。引っ越してから、歩いて通えなくなったにもかかわらず、わざわざ車で来てくれるんです。近くにも動物病院はあるはずなのですが、こうして足を運んでくださるというつながりがあることは嬉しいですね。

学びを怠らず、新しい治療法にも挑戦。

今の治療法を継続していくとともに、新しいこともどんどん取り入れて、挑戦していきたいですね。忙しいとどうしても病院の外に出られなくなってしまうので、「外からの情報を吸収しよう」という意識を常に持っていたいと思います。そのために、休診日を利用して、勉強会や講演会に参加したり、他の動物病院の先生の話を聞いたりするようにしています。そこで得たことを、私自身の糧にしていくのはもちろん、スタッフと共有していくことで当院を盛り上げていけたらいいなと思っています。現場で学んで、外からも学んで、このバランスを取りながら、経験と知識を増やしていきたいですね。

これから受診される患者さんへ。

飼っているワンちゃんやネコちゃんのことをよく見て、触れてあげてください。いつもと同じように見えても、ごはんをあまり食べていないかも知れません。お腹の調子はどうでしょうか。撫でたときに毛がごそっと抜けてしまった、など、見たり触ったりすることで、ささいな変化に気づいてあげることができます。難しいことを考える必要はないので、基本的なことを続けてあげるようにしてください。その中で、「何かおかしいな。気になるな」ということがあれば、遠慮なく連れて来て下さい。飼い主さんの不安を取り除くのも、私たちの役目です。一緒に不安を解決していきましょう。

※上記記事は2014年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

奥田 一士 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 好きな本:幅広く読んでいます
  • 好きな映画:SFもの
  • 好きな言葉もしくは座右の銘:必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ
  • 好きな音楽:ロック

グラフで見る『奥田 一士 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート