大田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 獣医師(大田区)―

増川 洋史 院長/アーク動物病院(田園調布駅・犬)の院長紹介ページ

増川 洋史 院長

HIROSHI MASUKAWA

ペットとご家族のより良い関係と幸せな生活のために、最善の道をご提供。

麻布大学卒業後、開業医の先生の元で修養を積み、1986年に田園調布駅近くに開業。

増川 洋史 院長

増川 洋史 院長

アーク動物病院

大田区/田園調布/田園調布駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ハムスター
  • ●フェレット
  • ●ウサギ
  • ●鳥

生き物に囲まれていた子供時代。

増川 洋史 院長

単純に、動物たちが好きだったから、ですよね。小さな頃は、犬や猫、ウサギはもちろん、色々な鳥を飼っていました。庭には池がありましたから、鯉や川で釣ってきた魚を飼育していたこともありましたね。今の子ども達には想像できないかもしれませんが、当時は昆虫採集が流行っていましたから、昆虫にもずいぶん熱を入れていました。獣医師という選択は、その先にあったものです。選べるものなら、自分が好きなことを仕事にした方が良いと考えたわけです。
麻布大学を卒業後、開業医の先生の元で修養を積み、1986年に『アーク動物病院』は開院いたしました。妻(増川 薫 先生)は大学の同級生で、「2人でやれるところを…」と場所を探し、この地にたどり着いた形です(東急東横線・田園調布駅より徒歩7分)。
来院されている飼い主さんは、動物を家族の一員としてとらえている方がほとんどです。地域性もそこにあるのでしょう、みなさん、できる限りのことを“家族”にしてあげたいと考えておられるように思います。

オールマイティーな獣医師として、飼い主さんのニーズに対応。

増川 洋史 院長

診ていないのは、は虫類くらいでしょうか。要するに、犬も猫もエキゾチックペットも、私と妻にとって馴染みのある動物だから診ているということなのです。個人的なことを言えば、鳥は特に好きですね。多摩川は野鳥の渡りの中継地点になっていまして、はぐれて連れてこられた鳥をここで診て、また自然に帰すということもしています。
開業当初はエキゾチックペットを診るところはまだまだ少なかったのですが、最近は専門の病院も増えて、動物を飼う環境は整備されてきたように思います。

これまで、動物の種類にしても疾患の種類にしても、オールマイティーに診ていくことをこれまで心掛けてきました。二次診療施設に紹介するにしても、当院でおおよその道筋をつけ、飼い主さんとその子にマッチするであろう施設や先生を紹介しています。一通りすべてを診て、自分でできるものは自分で、より良い治療があるのならば適宜紹介していくというのが、私どもの方針です。
我々の世代は、なんでもできなければ獣医師は務まりませんでした。分野も多岐にわたりますし、年々、獣医療は進歩していますから大変ではありますけども、獣医師である限り、患者さんのニーズに応えていかなければと思っています。

飼い主さんの心のサポートにも力を注ぐ。

増川 洋史 院長

飼い主さんと動物がご家庭で良い関係を築いていけるようにというのが、最も大切なことです。動物は治ったけども、ご家族が付きっきりで面倒を見て疲弊してしまっては、これは不幸な話です。治療方法にはさまざまありますが、それぞれのご家庭に最もマッチする方法を提案し、サポートしていくのが私たちの務めだと考えています。

今問題となっているのは、ペットロスです。子供のように可愛がっていた動物が亡くなれば、みなさん、一様につらい思いをされることになります。その結果、「こんな思いをするなら、もう2度と飼いたくない」と思われる方も以前はいらっしゃいました。しかし、動物が先に亡くなってしまうことは、飼う前からわかっていたこと。つらい思いをするのを避けることはできません。彼らと一緒に過ごしたことが、人生を豊かにしてくれることは間違いのないことで、「いい思い出をありがとう」と送り出していけるような“心のサポート”もしていきたいと思っています。

ペットとの生活がより幸せなものになるように、親身のアドバイス。

当院は、公益財団法人日本補助犬協会のサポートをさせていただいており、ポンゾは、そちらを介して私たちの家族となりました。介助犬に盲導犬、聴導犬。この3種を補助犬と称しますが、彼らは人間の意を汲むことに非常に優れています。介助犬だったポンゾは、引退後、私の妻を守っていくと勝手に決めたらしく(笑)、いつもそばにいて、私たちの精神的な支えとなってくれました。
ポンゾは昨年(2015年)、亡くなりました。私たちもしばらくは、ペットロスの状態でしたね。ポンゾから学んだことは、より良い形で一緒に暮らすことで、動物はその人の人生を2倍、3倍、10倍の幸福で満たしてくれるということです。犬は人の昔からの友達と言われますが、本当にその通りでした。
犬だけではありませんね。猫はもちろん、鳥やウサギも意思の疎通さえ上手くいけば、人生を豊かにしてくれます。もちろん、それを可能にするには、彼らが送ってくるサインをしっかり理解してあげなくてはなりません。当院では病気を診ることはもちろん、今よりもっと幸せに暮らしていけるようなアドバイスもおこなっています。

これから受診される患者さんへ。

さまざまな動物が来院してきますので、衛生面には細心の注意を払っています。また、飼い主さんが落ち着いていられるよう、動物たちがおびえないような配慮をおこなっています。病院に来ることがストレスになってしまっては本末転倒ですし、飼い主さんが言いたいことも言えないような病院では、これも意味がありません。アットホームな動物病院であり続けられるよう、スタッフが一体となって取り組んでまいります。
お困りのことがあれば、病気のことでもなんでも、お気軽にご相談ください。私たちにできることを精一杯させていただきますし、その子にとって、ご家族にとって最善の道を提供していきたいと思っています。

※上記記事は2016年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

増川 洋史 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:アウトドア(釣り、山登り)、ロードバイク
  • 好きな本:ノンフィクション(歴史)
  • 好きな言葉:やってみせ、言って 聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ(山本五十六)
  • 好きな音楽:洋楽全般
  • 好きな場所:南伊豆、秋田、富山

グラフで見る『増川 洋史 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート