大田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(大田区)―

青柳 伸介 院長/ペットメディカル久が原(久が原駅・犬)の院長紹介ページ

青柳 伸介 院長

SHINSUKE AOYAGI

西洋医学に代替医療をプラスして
本当の意味での「治癒」をめざす

北海道大学獣医学部を卒業後、神奈川県、東京都内の動物病院で幅広い経験を重ねる。2003年に「久が原駅」そばにクリニックを開設し、西洋医学の枠を超えて動物たちの健康をサポートしている。

青柳 伸介 院長

青柳 伸介 院長

ペットメディカル久が原

大田区/久が原/久が原駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ウサギ
  • ●ハムスター

「何かできる人」になるために、強い気持ちで獣医師をめざす

青柳 伸介 院長

私はもともと、弁護士になりたいと考えていたのですが、学生時代はどちらかと言うと文系よりも理系の勉強の方が得意だったんですね。そして、理系の知識がいかせる職業は何かと考えたとき、医師か獣医師か、この2つが思い浮かんだのです。自宅では母がインコを飼い、父が熱帯魚を育てていて、私としても「生き物が好き」という気持ちはありました。ただ、獣医師をめざす直接のきっかけになったのは、高校生のとき、車道に横たわる犬を目にしたことでした。
その犬は、おそらく交通事故にあってすでに亡くなっていたのですが、一緒にいた私の友人がその子を抱きかかえて、道路の脇へと移動させたんですね。一方の私はこのとき、彼らの様子をただ眺めていることしかできなくて。自分が「何もできなかった」という体験はずっと心に残り、「何かできる」人になりたいという強い想いをもって、北海道大学獣医学部への進学を決めました。

西洋医学に代替医療をプラスして、飼い主さんの「大切な家族」を守る

青柳 伸介 院長

大学卒業後は、神奈川県内の動物病院で2年半ほど経験を重ねた後、都内の動物病院へ。院長という責任ある立場を任されて、開業までの10年間在籍していたのですが、だんだんと自分のスタイルやコンセプトのもとに診療していきたいという気持ちが強くなってきて。勤務医時代から往診などでたびたび訪れ、何となく「いいな」と感じていた久が原の街に、『ペットメディカル久が原』を開設しました。
近隣にお住いの方はもちろん、代替医療をおこなっていることを調べて遠方からお越しになる飼い主さんもいらっしゃいます。診療に代替医療を取り入れていることは当院の特徴の1つですが、私たちは西洋医学をベースにしながらもあらゆる可能性を否定せず、大切な家族を守るための医療をご提供したいと考えています。

さまざまなアプローチによって、本当の意味での「治癒」をめざす

青柳 伸介 院長

大切な家族の一員が病気になったとき、飼い主さんはとても心配になるものですよね。例えば下痢や嘔吐などの症状で受診されるケースも数多くありますけれど、治療をして症状がなくなった状態が「治癒」なのかと言えば、そうではありません。一般的な西洋医学による治療は、単に症状を鎮静化させているだけのこと。「対症療法」とも言われるように、一時的に症状を和らげて、問題を先送りしていると言ってもいいでしょう。
動物たちが下痢をするには何らかの理由があり、その問題を解決しないことには、同じ症状を繰り返すことになりかねません。腫瘍は手術で切除できますけれど、腫瘍ができた原因まで切り取ることはできないわけですね。大事なのは、動物たちが自分の力で病気を治すことであり、病気を寄せつけない体づくりができてはじめて「治癒」したと言えるのです。そのためにはやはり、西洋医学だけでは足りない部分がありますし、東洋医学や自然療法と呼ばれるさまざまな方法を取り入れることで、よい結果につなげたいと思っています。症状の「緩和」と病気そのものの「根治」をめざして、その子にとってベストな治療法を、飼い主さんとご一緒に考えていきたいですね。

正しい知識をもって幸せな毎日が過ごせるよう、飼い主さんの意識を高めるお手伝いを

西洋医学をベースに、必要に応じて鍼灸や漢方、ホメオパシーなどを取り入れた「統合医療」をおこなっていることは、当院ならではの取り組みと言っていいでしょう。私たちは、動物が本来もっている自然治癒能力を引き出し、「治癒」につなげようとしているわけですが、飼い主さんの中には「自然療法」とか「代替医療」という言葉を聞いてもピンと来ない方がいらっしゃるかもしれません。もちろん、治療にあたっては、それぞれの治療法のメリットやリスクなどもしっかりご説明させていただきますし、飼い主さんのご意向を尊重しながら治療を進めていきますのでご安心ください。
また、ペットに与える食事についても、手づくりに勝るものはありません。ペットフードから手づくりの食事に変えてあげるだけで、皮膚病が改善されるケースも少なくないんですよ。こうしたお話は診療の合間にもお伝えしているほか、「手づくりごはん講座」なども開催しておりますので、ぜひご参加いただければと思います。

これから受診される患者さんへ

『ペットメディカル久が原』は東急池上線「久が原駅」から徒歩5分、ライラック通り商店街の一角にあります。
さまざまな病気がありますが、薬を飲んだり注射を打ったりしなくても治る病気もあるわけです。そんな場合はもちろん薬などは処方しません。このように治療の必要なく自力で治せるものもあれば、やはり治療の必要な病気もあるわけです。そんな時、症状を止める西洋医学的な治療以外にも漢方や鍼灸、ホメオパシーなどのさまざまな治療方法が存在していることを知っておいて欲しいと思います。「未病」と言われるような「病気の澱」を溜めないように、病気にならない体づくりをめざして、私たちも精一杯サポートさせていただきたいと思います。

※上記記事は2017年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

青柳 伸介 院長 MEMO

  • 出身地:愛知県
  • 趣味&特技:筋トレ、ロードバイク、山登り。スキーなど
  • 好きな作家:原田マハ
  • 好きな映画:話題作
  • 好きな場所:札幌

グラフで見る『青柳 伸介 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート