大田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(大田区)―

中馬 寛 院長/中馬動物病院(京急蒲田駅・犬)の院長紹介ページ

中馬 寛 院長

HIROSHI CHUMA

見て、ふれて、聞く。五感と、飼い主さんとのコミュニケーションを重視した診療を提供。

麻布獣医科大学を卒業後、 佐藤獣医科病院(神戸市)にて3年間勤務。1977年に町田市で『中馬動物病院』を開業し、2007年に現地へと移転(「京急蒲田駅」・「雑色駅」よりそれぞれ徒歩10分)。

中馬 寛 院長

中馬 寛 院長

中馬動物病院

大田区/東六郷/京急蒲田駅

  • ●犬
  • ●猫

兄の後を追うようにこの世界へ

中馬 寛 院長

小さな頃から乗馬に親しんできました。獣医師を志したのはまずそれがあり、加えて、9つ年長の兄の影響が大きかったでしょうか。先に獣医師になった兄を追うように大学に進み、その後は兄も勤務したことのある神戸の動物病院で修行を積みました。
『中馬動物病院』は1977年に町田市で開業を迎え、その後、1979年に蒲田へと移り、2007年に現地へと移転し、現在にいたります(京急蒲田駅・雑色駅よりそれぞれ徒歩10分)。

とにかく診療に力を入れたい。ただそれだけ

中馬 寛 院長

『中馬動物病院』では、内科・外科・産科・耳鼻科・眼科などなど、さまざまな分野の診療をおこなっており、避妊・去勢手術を始めとして、各種外科手術をおこなっています。また手術時には術後の痛みを緩和し、縫合した箇所のすみやかな回復が望める最新のレーザー治療機器を使用しています。

原則として、ペットホテルやトリミングは扱っておらず、ご希望の方には連携をとっている近隣の施設をご案内させていただいています。これは、そこに当てる時間があれば、治療に当てるほうが良いという考えに基づくものです。ホテルやトリミングは私たちが介在しなくてもできることですが、治療は獣医師がいないことにはできないわけですから。
また、お昼休みも1時間とさせていただき、手術をしている最中でも外来診療がおこなえる体制を整えています。これは、集まってくれるスタッフの力によるところが大きいですね。現在、スタッフの数は15名。この規模の病院としては多いかもしれません。これまで当院から巣立ち、ご自分で開業された先生も20人以上。スタッフを多く抱えていることについては、後進の育成という意味合いも大きいのですが、私も段々年をとってきましたから、今ではむしろこちらが助けられている部分が大きいかもしれませんね(笑)。

五感を大切にした診療は、基本中の基本

中馬 寛 院長

よく見て、さわる。触診が1番重要だと考えています。もちろん、検査は大切です。これがなければ充分な診療をおこなうことはできません。しかし、初めから疑いのあるものをすべて検査するとなると、動物や飼い主さんに掛かる負担は大きなものになってしまいます。まずさわり、問題のある箇所を発見したら、そこをピンポイントで検査していく。効率の良い診療をおこなうためにも、触診が重要なのです。
私もよる年波に勝てず、病院に行く機会が増えているのですが、PCの画面だけを見て、身体にさわるそぶりもない先生に診てもらうのは、どこか不安を感じます。さわってもらうだけで、安心感を感じることもありますからね。五感をフルに活用し、心も安らげることのできる診療を提供したいと思っています。

飼い主さんや動物たちとしっかりと向き合う

待合室は通常よりも広めにとってあります。寛いでいただくとともに、動物同士の相性も考えてのことです。それから、待合室から診察室への通路にはもう1つ、中待合室を設けてあります。診察室へ入る前のワンクッションというところでしょうか。ここには私の席もあり、すべての飼い主さんと顔を合わせるようになっています。診察室は個室ですが、スタッフは自由に移動できるため、「1組の飼い主さん・動物たちをスタッフ全員で診る」というチーム医療の実現に一役買っている形です。


ここでは、飼い主さんの前でしか治療をおこないません。今何をやってるかがわかりますので、飼い主さんの安心感につながりますし、診療の工程を1つひとつ確かめながら進めることができます。当院では、ほぼ全ての飼い主さんは、待合室で待つことなく、診察室に入っていただいてますね。

これから受診される飼い主さんへ

動物に症状が現われた時は、すでに相当程度病状が進行していると考えるべきでしょう。ですから、明確な症状がなくても、何か普段と様子が違うのであれば、早めに見せていただきたいのです。早期発見・早期治療が大事なのは、人も動物も同じこと。ちょっとでも気にかかることがあれば、早め早めにご相談ください。

※上記記事は2016年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

中馬 寛 院長 MEMO

  • 出身地:鹿児島県
  • 趣味・特技:乗馬
  • 好きな場所:中馬動物病院(当院)

グラフで見る『中馬 寛 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート