大田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(大田区)―

横川 敏男 院長 & 雅敏 医師/横川医院(糀谷駅・内科)の院長紹介ページ

横川 敏男 院長 & 雅敏 医師

TOSHIO YOKOKAWA & MASATOSHI

よろず相談所として、医療の窓口として、
地域の人達の健康を支えていく。

【横川 敏男 院長】昭和大学卒業。医学博士。大学で主にアレルギー疾患を中心に研鑽を重ね、1999年に父に替わり、『横川医院』院長職を引き継ぐ(京浜急行「糀谷駅」より徒歩2分)。日本呼吸器学会専門医。アレルギー学会専門医。内科学会認定居。
【横川 雅敏 医師】
聖マリアンナ医科大学多摩病院(総合診療内科)勤務。日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医。

横川 敏男 院長 & 雅敏 医師

横川 敏男 院長 & 雅敏 医師

横川医院

大田区/西糀谷/糀谷駅

  • ●内科
  • ●小児科
  • ●皮膚科
  • ●訪問診療

地域のかかりつけ医としての役割を、親から子へ、そして子から孫へと受け継いでいく

横川 敏男 院長 & 雅敏 医師

【横川 敏男 院長】
医師である父の仕事ぶりを見て、誰に言われるでもなく、自分もそうなることを目指したということかもしれません。大学卒業後は昭和大学で当時の第一内科に籍を置き、おもに呼吸器やアレルギー疾患を専門に診てきました。
『横川医院』は私の父である横川次男が、昭和25年(1950年)に開設した医院です。病院から父の元へ戻り、私が院長職を引き継いだのが1999年のこと。早いもので、あれからもう20年近くが経とうとしています。なので来て下さる患者さんは、糀谷、羽田、萩中、それから蒲田など、この近隣の方が中心です。
「患者さんのすべてを診る」というのが、父の時代から続いてきた当院の方針です。門戸を広く開けて、何でも拝見していますので、お気軽にご相談いただければと思います。

【横川 雅敏 医師】
地域のかかりつけ医として大事なことは、患者さんのあらゆる症状にも対応ができることだと思っています。私は大学病院でも、総合診療内科として、さまざまな症状を訴える患者さんの初療に関わって、必要があれば専門医と連携をとって診療にあたっています。「病気なのかもわからない症状の段階で、病院に行っても良いのか」と迷ってしまい、病院に行きづらい方は、そういった症状を診ることを専門とする私を頼っていただけたらなと思っています。今後も、患者さんのプライマリーケア(身近な健康問題についての専門科目)の役割を担っていこうと親子二人で話しているところです。

それぞれの医師が、専門性を活かして診られるように

横川 敏男 院長 & 雅敏 医師

【横川 敏男 院長】
当院は内科・小児科・皮膚科を標榜しており、そのほか、大学から整形外科、循環器、消化器の各専門医においでいただいています。
このように診療科目を広く診ていく中で最も多いご相談は、「咳が止まらない」といった呼吸器系の病気のことでしょうか。これは私が呼吸器の専門医であることを頼りにされているのかもしれませんね。「咳が止まらない」という症状には様々な疾患の可能性が考えられますが、最近多いのは、風邪を引いたあと、咳だけが残ってしまう慢性咳嗽(まんせいがいそう)という病気です。こうした症状に対しては、喘息やより重篤な疾患である結核や肺がんとの見きわめが大切になってきます。
また、当院では予防医療にも力を入れています。健診や健康診断も積極的に行っており、周辺地域の企業の方や、周辺にお住まいの方に来ていただいています。身体の調子に不安を感じるから病院に行くのではなく、健診や健康診断を良い機会として、予防の意味を込めて、定期的に病院に来ていただけたらなと思っています。

【横川 雅敏 医師】
小児科に関しましては、ワクチン専門の外来を木曜の午後3時から時間をとっています。時間をわけることで、病気の方がいない時間に安心して来ていただくためですね。お母さま方からは、ワクチン接種のスケジュールの相談など、様々なご相談を受けています。ネットやテレビでも情報が多く得られる時代ではありますが、専門の医師に聞くということはとても大切なことだと思います。「なかなか首がすわらないけど大丈夫でしょうか」「湿疹が、いつもではないけども時々出ることがあるのですが、何かの病気だったりするのでしょうか」などといった、明確にお母さま方が判断できる病気について以外にも、日々の生活の中で感じる心配事についてのご相談もよくいただきます。こういった時には、心配されるに至った背景が大事になってきます。その背景をくみ取って、症状の改善だけではなく、不安に感じる根源から相談にのることを大切にしています。

病気を理解していただくことができれば、治療の半分は終わったようなもの

横川 敏男 院長 & 雅敏 医師

【横川 敏男 院長】
患者さんがどういう気持ちを抱いていらしたのか、それを早めに読み取ることが肝心です。たとえば、今咳で困ってるから、とにかく止めて欲しいという方もおられるでしょう。あるいは、咳がなぜこんなに続いてるのか、理由が気になって仕方がないという方もおられます。その人その人のニーズをいち早くつかみ、平易な言葉で説明し、治療をおこなうことが大切なのです。
話をろくに聞かず、一方的にお薬を出しておしまいですとか、検査の説明もろくろくしてくれないといったケースも世の中にはあるようです。しかし、それでは患者さんの理解は得ることはできません。どこが悪いのか。なぜこの検査が必要なのか。検査の結果はどうで、そのために必要な治療とは何か。病気のことを患者さんに理解していただくことができれば、治療の半分は終わったようなものです。
私は診察中、こんな調子でずっと話していますので、1日の終わりはもうぐったり、という感じにはなりますが(笑)。

患者さんの代わりに、私たちが足を運ぶということ

【横川 敏男 院長】
診療の合間合間を縫ってということになりますが、ご依頼があった方の元へ定期的に往診に出向いています。内容は内科が多いのですけれども、皮膚科的なこともありますし、泌尿器科に類するものなど、さまざまです。皆さん、だんだんとご高齢になっていき、歩くのが大変になっていくものですから、患者さんの代わりに私たちが足を運ぶということですね。
ただ、当院の患者さんは、無理してでも医院に来ようとされる方が多いのです。私であれば5分も掛からないところを30分以上掛けて苦労して歩いて来られる方もいらっしゃいます。昔の人は、やはり、頑張ってしまう方が多いんですね。しかしそれはあまりに不憫ですから、「いいんですよ」と声を掛け、できる限り私が出向くようにしています。

これから受診される患者さんへ

【横川 敏男 院長】
『横川医院』では、日曜日も月に2回を目処に午前中のみ診療をおこなっています。不定期にはなりますが、日程はHP等に告知されていますので、お問い合わせいただければと思います。
具合が悪いと思ったら、まずは足をお運びください。当院で診れるものはもちろん対応していきますし、分を越えると判断した場合はすみやかにより適切な医療を受けられる病院等へ紹介していきます。実際、そのようにお使いただいてると思うのですが、よろず相談のような感じで、何でも気軽に話していただきたいですね。

【横川 雅敏 医師】
病院を敷居を高く感じずに、病気の時はもちろん、お子様のワクチン接種についてや、介護についてのご相談に、いつでも利用して下さい。病状の原因を探ってみると、実はご家族の家庭的な問題が健康に影響していることがあったりもします。これからも、プライマリーケアの専門医として、患者さんの様々な不安や質問に、お答えしていきたいと思っています。


※上記記事は2017年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

横川 敏男 院長 & 雅敏 医師 MEMO

呼吸器専門医 /アレルギー専門医

  • 出身地:[院長・雅敏 医師]東京都
  • 趣味・特技:[院長]飛行機 [雅敏 医師]釣り、オーボエ演奏
  • 好きな本もしくは愛読書:[院長]竜馬がゆく、ブラックジャック
  • 好きな映画:[院長]ゴジラ[雅敏 医師]インターステラ
  • 座右の銘もしくは好きな言葉:[院長] 世の為、人の為
  • 好きな音楽もしくは好きなアーティスト:[院長]ビートルズ[雅敏 医師]クラシック
  • 好きな場所もしくは好きな観光地:[院長]ハワイ、箱根 [雅敏 医師]沖縄

グラフで見る『横川 敏男 院長 & 雅敏 医師』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート