大田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(大田区)―

田代 健一 院長/羽田バス通りクリニック(穴守稲荷駅・内科)の院長紹介ページ

田代 健一 院長

KENICHI TASHIRO

誰もが気軽に受診できる、地域の駆け込み寺的クリニックを目指して。

東京慈恵会医科大学卒業後、消化器外科医として各地の病院に勤務し、市川第二病院で副院長を務める。2012年、京急線「穴守稲荷駅」より徒歩3分の場所に『羽田バス通りクリニック』を開院。

田代 健一 院長

田代 健一 院長

羽田バス通りクリニック

大田区/羽田/穴守稲荷駅

  • ●内科
  • ●消化器内科
  • ●外科
  • ●皮膚科

責任と誇りを持って地域医療に従事する

田代 健一 院長

祖父が郷里で歯科医師をしていました。診療をしている姿をよく目にしていたことが、この世界に飛び込むきっかけの1つであったでしょう。それから、子供の頃からのかかりつけの先生に憧れを抱いていたこともきっかけの1つとなりました。それから時が経ち、科学や生物、人間の身体に興味を持つようになっていた私は、幼い頃の記憶に導かれるようにして、この道を志すようになっていったのです。大学を卒業後、慈恵医大外科学講座に入局し、胃や食道を中心とした上部消化管を専門として、手術や研究に携わってきました。様々な病院を廻り研鑽を積んでまいりましたが、その内の1つに、今は閉院となった市川第二病院がありました。
市川第二病院は羽田地域に密着した病院であり、そこで私は地域医療の何たるかを学ぶことになりました。この地域の方は非常に情に厚く、医師と患者さんの真剣な付き合いができたことは、私の大きな財産となっています。
そのままこの病院に骨を埋めようと考えていたのですが、思わぬことが起こりました。病院の経営方針が突如として変わり、急性期の患者さんを受け付けないということになってしまいました。患者さんの行き場がなくなってしまう。そう考えた私は、即座にこの場所でクリニックを開くことを決断しました。ここなら距離も近いですし、患者さんも通院に困ることはありませんから。急ぎに急いで、準備もままならないままの開院でしたから、当初はてんやわんやでした。あの時のことを振り返ると空恐ろしくなりますが(笑)、今では思いきってやって本当によかったと思っています。

「病気を診ずして病人を診よ」の理念を胸に

田代 健一 院長

母校、慈恵医大の学祖である高木兼寛先生の「病気を診ずして病人を診よ」を自らの座右の銘にしています。私たちは、病気だけを診れば良いのではありません。患者さんは、内に様々なお悩みを抱えていらっしゃるわけですから、本当のニーズというものを引き出し、それに応えていきたいと常々思っています。
上辺だけの診療に終わらず、本当の意味で患者さんに手を差し伸べられるような医療を提供していければと思っています。

いつでも、なんでも、「 診て欲しい 」 という希望に応えていく

田代 健一 院長

内科・外科・消化器内科・皮膚科を掲げていますが、「診て欲しい」というご希望があれば、どのようなお悩みにも応えていきたいと思っています。もちろん、より専門的な治療が必要と判断した場合には、二次医療機関への紹介を含め、必ず道筋をつけて差し上げたいと考えています。
「うちでは診てませんよ」「もう診療時間は終わりですよ」 “ お医者様 ” ではありませんが、昔から続く医療の体質のようなものは、ここでは “ なし ” にしていきたいのです。困った時の駆け込み寺として、クリニックを気軽に利用していただければ幸いです。

“ 苦しくない ” 内視鏡検査で、命を救っていけるように

内視鏡検査では、特にご希望がない限り、セデーションといって鎮痛剤を用いた検査をおこなっています。半ば眠りながらの検査になりますから、ほとんどの方は、「あれ、もう終わったの」という感じになられます。
胃でも大腸でも、苦しくなく検査を受けていただくのが1番です。苦しいから「2度とやりたくない」と思われ、その結果が病気の早期発見の機会を逃すことにつながっていきます。今は、早期に癌が見つかりさえすれば、内視鏡の治療で治る時代です。「あれ、もう終わったの」という感じの検査を体験してもらうことで、より多くの人に検査を受けていただける下地になると考えています。
大変ありがたいことであると同時に、ご迷惑をおかけしているのですが、大腸のカメラについては、予約が数ヶ月先まで予約で一杯という状態になっています。今後は大学から先生をお呼びし、できる限り検査を早めに受けていただけるような体制を作っていきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

高齢化は、今後10年、20年と大きくなってくる問題です。ご病気を抱えたご本人はもちろん、そのご家族も大変お困りですから、病院や公共のサービスへとつなぐ橋渡しの役目を果たしていければと思っています。
ちょっとしたことでも構いません。何かお困りのことがありましたら、お気軽にいらしてみてください。地域医療の一端を担うものとして、できる限りのことをさせていただきます。

※上記記事は2016.9に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

田代 健一 院長 MEMO

外科専門医 /消化器外科専門医 /消化器内視鏡専門医

  • 出身地:栃木県
  • 趣味・特技:ゴルフ・スキー
  • 好きな本:白い航跡(吉村昭)
  • 好きな映画:歴史映画
  • 座右の銘:病気を診ずして病人を診よ
  • 好きな音楽もしくは好きなアーティスト:サザンオールスターズ、小田和正
  • 好きな観光地:ハワイ

グラフで見る『田代 健一 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート