大田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(大田区)―

長谷川 道彦 院長/はせがわクリニック(武蔵新田駅・内科)の院長紹介ページ

長谷川 道彦 院長

MICHIHIKO HASEGAWA

患者様の「恥ずかしい」「もう歳だから」という思いに、「おもてなしの心」で寄り添いたい。

岩手医科大学卒。大学病院で泌尿器科を専門に研鑽を積むほか、救急医療にも携わり。その後、武蔵新田駅から徒歩3分の場所に開業。

長谷川 道彦 院長

長谷川 道彦 院長

はせがわクリニック

大田区/千鳥/武蔵新田駅

  • ●内科
  • ●泌尿器科
  • ●腎臓内科
  • ●外科
  • ●訪問診療

これまでも、これからも、泌尿器科一筋の道。

長谷川 道彦 院長

私の両親は自営業でしたから、自分がサラリーマンになることを想像できなかったという部分があったように思います。自分のスタイルで仕事をしたい、自分には何ができるだろうかと考え、人と接する仕事がしたくて、その中で病気で困っている人を手助け出来るような、健康づくりに関わることができるのではないかと思ったのです。
岩手医科大学医学部に学び、大学病院では泌尿器科に在籍。泌尿器科は、診断から治療まで一貫して診ることの出来る科です。併せて所属した医局は、腎不全、移植も行っており、腎疾患においても一人の患者さんを最初から最後までトータルに携わる事が出来る科でした。泌尿器科を専門に研鑽を積むほか、救急医療に携わった時期もあり、疾患全般を診る経験を積みました。そして、皆様が気軽に相談出来る明るい雰囲気を目指して『はせがわクリニック』を開設しました。

「恥ずかしいから」、「歳のせいだから」と諦めなくて済むように。

長谷川 道彦 院長

当院は、東急多摩川線「武蔵新田駅」から徒歩3分、東急池上線「千鳥町駅」から歩いて5分ほどの場所にあり、地域の中のかかりつけ医として皆様の健康をサポートしています。私は、腎臓疾患や排尿トラブルなどを診療する泌尿器科を専門としていますが、「下にまつわる病気」については、どうしても敷居が高いイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。一方で最近ではメディアなどで取り上げられる機会も増え、排尿障害などについて徐々に認知が進んできたように思います。こうした状況をふまえて当院は、どなたにも気軽にお越しいただける明るい雰囲気づくりを心がけ、泌尿器科に対するイメージアップを目指したいと考えています。「恥ずかしいから」と我慢したり、「歳のせいだから」とあきらめずに。どんな小さなお悩みも、気軽にご相談いただきたいと思います。

お子様からお年寄りまで、地域の気軽な相談窓口でありたい。

長谷川 道彦 院長

当院では、私が専門とする泌尿器系の疾患はもちろんのこと、生活習慣病やちょっとした風邪やケガの治療、各種予防接種や健康診断など、幅広いニーズに対応しています。来院される患者さんは、夜尿症のお子さんや膀胱炎に悩む若い女性、90歳を過ぎたご高齢の方まで、年齢も性別もさまざまです。とくに年齢が上がるにつれて泌尿器科に対するマイナスイメージをお持ちの方が多いように感じますが、他の科を受診するのと同じように、地域の中の相談窓口としてご利用いただきたいと思います。
当院では、レントゲンや超音波診断装置などの検査機器を備え、質の高い医療をご提供していますが、もしも入院や手術が必要な場合には提携病院をご紹介いたしますし、手術後のアフターフォローについてもお任せください。日常生活における体調不良のケア、泌尿器系疾患における専門的な治療、さらに在宅医療をあわせた3つの柱を中心に、安心・安全の医療をご提供しています。

患者様の「これからの生活」がより良くなるように。

診療の際には患者さんの声に耳を傾け、患者さんのストーリーに沿った治療をご提案する「Narrative Based Medicine(ナラティブ・ベイスド・メディスン)」の実践を心がけています。
患者さんが病気になった理由はさまざまですが、その原因を正しく把握することによって、適切な治療へつなげることができます。人工透析を必要とする体にさせないために、患者さんの腎臓疾患をコントロールしたり。手術を受ける患者さんの心のケアをはじめ、手術前後のフォローを担ったり。紹介先のドクターと連携し、患者さんとの意思疎通をスムーズにする橋渡し役的な仕事も、かかりつけ医として大切な役割だと考えています。そして何よりも、すべての患者さんにご満足いただけるように。どんな治療法を選び、どのように生活していくのか、ご一緒に考えていきたいと思います。

これから受診される患者さんへ。

尿モレなど排尿障害にまつわる悩みは、生活の質を低下させるもの。排尿のことが気にかかっていては、せっかくのイベントも楽しむことができないでしょう。でも今は、お薬を飲むことで頻尿などの症状をコントロールすることができます。気になる症状を我慢していると、病気が進行してしまうケースもありますから、ぜひお早めに専門機関を受診していただきたいと思います。

※上記記事は2016.7に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

長谷川 道彦 院長 MEMO

泌尿器科専門医

  • 趣味:ゴルフ
  • 好きな本:医学関連の本、ノンフィクション
  • 好きな映画:とくに好きなジャンルはなく、こだわりなく観ます。
  • 好きな言葉・座右の銘:未来は今、今を生きる
  • 好きな音楽:R&B、あまりジャンルにこだわりなく聴きます。
  • 好きな場所:学生時代から27年暮らした、自然に囲まれた岩手盛岡に行くと心が落ち着きます。

グラフで見る『長谷川 道彦 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声