大田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(大田区)―

倉田 長幸 院長/城南大森西クリニック(梅屋敷駅・内科)の院長紹介ページ

倉田 長幸 院長

NAGAYUKI KURATA

決して「あきらめない治療」をモットーに
内科・外科を中心にした総合診療を提供

大学卒業後、将来的な開業を見据えて、内科から外科まで幅広い診療を経験。昔ながらの家庭医をめざして、「梅屋敷駅」近くに開業。

倉田 長幸 院長

倉田 長幸 院長

城南大森西クリニック

大田区/大森西/梅屋敷駅

  • ●内科
  • ●外科
  • ●訪問診療

内科から外科まで幅広い症状を経験し、スキルを磨く

倉田 長幸 院長

私は、子供の頃にヘルニアの手術を受けたことがありました。そのときの経験が心のどこかに残って、医師になる一つのきっかけになったように思います。大学卒業後は、消化器外科を専門に研鑽を積み、勤務医時代には診療のほかに数多くの手術を手がけてきました。また、将来的に開業することを考え、自分の専門分野にとらわれず、内科や整形外科など幅広い症例に携わり、経験を重ねました。その後、実際に開業を意識し始めたのは、ちょうど40歳になったころ。さまざまなご縁があって、駅からも近い医療ビルの1階に『城南大森西クリニック』を開設することができました。

豊富な診療経験をいかして、地域の中の「家庭医」に

倉田 長幸 院長

開業する前は、こじんまりした病院で診療していたものですから、必然的にあらゆる診療科に携わる毎日でした。私が専門とする消化器外科はもちろん、風邪などの感染症治療や生活習慣病の管理などをおこなう内科、膝や腰の痛みに対応する整形外科など。外来診療から手術に至るまで、今につながる貴重な経験ができたと思っています。そしてこれから、『城南大森西クリニック』でご提供していくのは、患者さんのニーズにあわせた総合診療です。たとえば、糖尿病の患者さんが、腰の痛みを訴えられたとき。糖尿病の専門クリニックと整形外科をそれぞれ受診するのではなく、このクリニックだけ受診すれば済むように。1ヵ所でどんな症状にも対応できる、昔ながらの「家庭医」になることが、今の私の目標なんです。

患者さんの立場で考え、決してあきらめない治療を

倉田 長幸 院長

私の診療スタイルをひと言であらわすなら、「あきらめない治療」ということになるでしょうか。それぞれの患者さんの立場になって考え、その方が望む結果が得られるように精一杯の努力をしたいと考えています。医師になってからこれまで、絶対にムリと言われていた病気を手術で治すことができたり、切断しなければならないと言われていた足を守ることができたりと、さまざまな経験をしてきました。そんなとき、患者さんやご家族からいただく感謝の言葉が、私にとって何よりの喜びであり、励みになりました。今現在、このクリニックで手術をすることはできませんけれど、ここでできる治療については責任をもっておこない、必要な場合には専門機関をご紹介するなどして、本当に患者さんのためになる医療をご提供したいと思っています。

1人1人の患者さんに寄り添い、責任ある医療を提供

今の医療は専門分野が細分化されていて、たとえば内科だけをみても糖尿病や循環器、呼吸器など、いろいろな専門クリニックが存在します。一方で、高齢化が進む日本においては、年齢を重ねるにつれていくつもの病気を抱えていらっしゃる方も多く、クリニックを何か所も受診することはご負担が大きいものです。また、ご自宅で寝たきりの生活をなさっている方などについては、床ずれの傷から感染症を引き起こすことが心配されます。当クリニックにおいては、私がこれまでに培ってきた知識と経験をもって、さまざまな症状に対応いたします。また、今後は往診なども積極的におこない、床ずれに対する外科的なアプローチもしていきたいと思っています。どなたにもキチンと伝わる、わかりやすい言葉でお話することを心がけて、時にはご家族に渡していただくようにメモをご用意したり。1人1人の患者さんに寄り添いながら、診療を続けていきたいですね。

これから受診される患者さんへ

『城南大森西クリニック』は、東急線「梅屋敷駅」から歩いて5分ほどの医療ビルの1階で診療しています。これから先、患者さんからご意見を伺いながら、地域の皆様に少しでも快適に受診していただけるような環境を整えていきたいと思います。毎日の生活の中でちょっと気になること、何科にかかったらいいかな、と迷うことなどがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

※上記記事は2017年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

倉田 長幸 院長 MEMO

総合内科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:アウトドア
  • 好きな本・愛読書:坂本 竜馬
  • 好きな言葉・座右の銘:
  • 好きな音楽・アーティスト:オールジャンル
  • 好きな場所・観光地:温泉

グラフで見る『倉田 長幸 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート