大田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(大田区)―

武笠 広伸 院長/平和島デンタルクリニック(平和島駅・歯科)の院長紹介ページ

武笠 広伸 院長

HIRONOBU MUKASA

最新で最良の科学的根拠のある治療を提供。咬合と訪問に力。地域の人の歯の健康を守りたい

明海大学歯学部卒業。川崎、東京の歯科医院勤務を経て、2013年2月1日に『平和島デンタルクリニック』を開院(京急本線「平和島駅」より徒歩2分)。

武笠 広伸 院長

武笠 広伸 院長

平和島デンタルクリニック

大田区/大森北/平和島駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●訪問歯科診療

恩師への憧れが導いてくれたこの世界

武笠 広伸 院長

小学生の頃のことですが、歯科衛生士として母が勤務していたクリニックの先生に憧れを抱くようになっていました。子供ながらに、スタッフと厚い信頼関係を築き上げている先生の人間性が印象に残り、「僕も将来はこういう歯医者さんになりたい」と強く思うようになっていたのです。母によると、小学校の卒業文集にすでにそう書いてあったようですね。先生には、歯科医師になってからもさまざまなことを教わりました。私にとって先生は、この道に導いてくれたきっかけであり、恩師でもあるのです。
大学卒業後は川崎市内の歯科医院に勤務しました。そちらの院長先生は咬合や歯周病に深い造詣と高度な治療技術を持った方で、今も変わらぬ尊敬の念を抱く歯科医師のおひとりということになります。先生から学んだことは、今の私の診療の基礎となっています。
『平和島デンタルクリニック』は、2013年2月1日に開院いたしました。3軒となりにある平和島整形外科の理事長先生から縁あってお話をいただき、こちらに自らのクリニックを構えることになったのです。

咬合治療の技術を高め、患者さんのニーズに幅広く応えていく

武笠 広伸 院長

『平和島デンタルクリニック』では、一般歯科をはじめ、小児歯科、インプラント、ホワイトニング、審美歯科、訪問歯科等、幅広い診療をおこなっています。私自身はこれまで、咬み合わせの分野について特に研鑽を積んでまいりました。
当クリニックの咬合治療は、義歯や被せ物、詰め物を用いるものになります。そのクォリティー、デザイン性が歯の機能や寿命に深く関わってくるもので、高度に繊細な技術が必要となります。ただ、咬み合わせの不具合は、患者さん自身がそれと自覚出来るほどの痛みや違和感を感じられないものです。ですから、早めの処置を望まれる方には処置を優先し、治療が進んだ段階で患者さんが気になるようであれば、その時点で咬合診断をおこなっていくのが一般的なケースになります。もちろん、アゴの不調(顎関節症)を主訴にたずねて来られる方もいらっしゃり、その場合は、最初の段階で種々の検査をおこない、咬合診断を踏まえて治療をおこなっていきます。
噛んだ時にそれぞれの歯にかかる負担が均等な状態が、私が理想とする咬合の状態です。患者さん1人ひとりの歯のバランスを考えた精密な咬合治療をおこない、末永く快適に噛めるお口を提供できればと思っています。

超高齢化社会を迎え、問われる訪問歯科の重要性

武笠 広伸 院長

平和島周辺には、ご高齢の方が多く住まわれています。訪問歯科は、そういった方々が足が不自由になるなどの理由で来院出来ないケースに対処するものになります。治療を受けたくとも受けられずにいた方にとって、私たちが足を運ぶことが少しでもお役に立てればと思っているところです。
訪問歯科では、患者さんのご自宅が診療の場となります。ゆえに、使用出来る医療機器が限定されてしまい、特に根管治療などは困難が伴うことがあります。そうした点を改善すべく、医療機器を常にチェックし、その時点で出来うる限りの設備で治療に臨みたいと考えています。いずれは、どのような環境下にあっても、クリニックとなんら遜色のない治療を提供できるようにしていきたいですね。

患者さんに安心を提供する担当衛生士制度

開院当初より担当衛生士制度を採用しています。初めて訪れる方は、何らかの不満をお持ちのものです。歯が痛いといった主訴はもちろん、以前に受けた治療の内容などなど。そのすべてを衛生士がうかがい、治療に反映させていくとともに、お話の内容から必要な検査をおこない、治療へとつなげていくことになります。
常に同じ人が関わっていくことで、治療中のお口の変化や、治療後、再びいらしていただいた時の変化をとらえやすいという面もあります。そしてまた、正直なところ、患者さんもいきなり私と話すよりも、衛生士のほうが話しやすいという面があるのではないでしょうか。抱えた思いをすべてお話しいただくことで、その方のニーズを汲んだ治療がおこなえると考えています。

これから受診される患者さんへ

『平和島デンタルクリニック』では、院内感染を防ぐために滅菌には特に気をつけています。一例を挙げますと、さまざまな器材を滅菌する高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)は、ヨーロッパ規格でクラスBをクリアした「バキュクレーブ®31B+」を採用しています。保険診療でこういった設備を導入している医院は、まだ珍しいのではないかと思います。また、CTやレントゲン等についても、最先端のものをそろえるようにしています。医療機器の世界は日進月歩です。最良の治療をおこなうためにも、優れた機器の導入は必須と考えています。

私には、90歳まで現役であり続けるという目標があります。ベストを尽くした自分の治療の数十年のちの結果をこの目で検証していきたいのです。その積み重ねが、多くの方のお口の健康のお役に立てればと思っています。
私の専門領域である咬み合わせや顎関節のことはもちろん、お口のことで何かお困りのことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。私が持てる力をすべて尽くし、お悩みの解消をお手伝いさせていただきます。

※上記記事は2017年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

武笠 広伸 院長 MEMO

グラフで見る『武笠 広伸 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート