大田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(大田区)―

竹林 潤一郎 院長/ココデンタルクリニック(池上駅・歯科)の院長紹介ページ

竹林 潤一郎 院長

JUNICHIRO TAKEBAYASHI

ICOI認定医・指導医として、歯科治療への情熱を発揮し、地域医療に貢献。

大学卒業後、勤務医として経験を積みながら、国内外の研修において技術の習得に励む。2011年、池上駅近くに開業。

竹林 潤一郎 院長

竹林 潤一郎 院長

ココデンタルクリニック

大田区/池上/池上駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科

優しかった歯科医師の祖父を目指し、歯科医の道へ。

竹林 潤一郎 院長

歯科医師だった祖父の仕事場には、小さい頃から遊びに行っていました。子供にも本当に優しい人で、その祖父に影響を受けたというのが1つのきっかけですね。それから、自分で言うのもおこがましいのですが、手先が器用なところがありましたので、この仕事は向いてるのでないか、とも考えたのです。学生時代の実習ではその嗜好もあってか、矯正はずいぶん好きな科目となり、一般歯科医となった今でも技術の研鑽を続け、クリニックでも部分矯正をおこなっています。
『ココデンタルクリニック』は、2011年に開院いたしました(東急池上線・池上駅より徒歩7分)。私は勤務医時代、1日に100人を越える患者さんを診ていたことがありました。100人ともなりますと、流れ作業とまでは言えないものの、自分自信、納得のいく治療が常におこなえる状況になかったことは確かです。クリニックではその時の経験を踏まえ、おひとりにつき30分以上という枠をとり、じっくり丁寧な治療を心掛けています。こちらは住宅街に位置していて、駅から少し距離があるのですが、そのぶん、落ち着いて診療をおこなうにはぴったりだと考えました。

痛くない、怖くない治療で、お口の健康を守る。

竹林 潤一郎 院長

皆さん、歯医者さんについて、「痛い」「怖い」といったマイナスのイメージをお持ちだと思われます。そうしたイメージを払拭できるよう、優しく接して、痛くないように治療をするというのが、まず第一に心掛けていることです。クリニックでは「痛くないように」ということ関して、麻酔をする際も、表面麻酔や圧力が一定に掛かる電動麻酔器を用いるなど、考えられる限りのことはすべておこなっています。
不安を少しでもやわらげることが、歯医者さんに通う敷居を低くすることにつながればと思っていますし、その結果として皆さんのお口の健康を維持することに役立てていければ、私としましても非常にありがたいことと思っています。

一児の父として、お子様の気持ちに寄りそう治療を実践。

竹林 潤一郎 院長

多くのお子さんにとって、歯医者さんは怖いものだと思います。しかし、それが結果として、虫歯がどんどん大きくなることにつながり、余計に怖い思いをすることになる面があるのです。
私は、できるだけその子と同じ目線に立ち、「痛くないんだよ」ということを説明するようにしています。勿論お父さんお母さんにも説明はおこないますが、治療を受けるのは本人ですので無理矢理おこなうのではなく、なんとくわかってもらい、一緒に治療を進めていければと思っているのです。
説明に関しては、お子さんだけに限ったことではなく、どなたに対してもしっかり説明をすることを徹底しています。患者さんそれぞれ、望む治療は違ってきます。その求めるものを話し合いの中で察し、医学的根拠に基づいた医療を組み立てていくことが大切です。『ココデンタルクリニック』では、患者さんとともに治療をしていくという姿勢を大事にしていきたいと考えています。

ICOI(国際インプラント学会)認定医であり指導医として、インプラントにかける情熱。

インプラントは歯がない部分に入れるものですから、ブリッジや入れ歯の代用になるものとお考えいただいてよいかと思います。ただ、ブリッジや入れ歯は、その前後の歯を削らないといけないものですから、他の健康な歯をダメにしてしまう危惧があります。それに対しインプラントは、隣の歯と関係なく、その歯だけで処理できるものですから、そうした点は大きなメリットになります。
歯を抜けたまま放置されている方をお見受けしますが、抜歯をおこなってそのままにしていると、1つ奥の歯が寄ってきてしまったり、対となる歯が伸びてきてしまうことがあります。つまり、歯がないことによって他の歯のバランスを崩すことになるわけであり、こういった状態はやがて全身にも影響をもたらすことなります。それを防ぐには、しっかり噛めるようにすることが大切になり、インプラントはその有効な選択肢の1つとなってきます。
先にお話ししましたように、ここでは患者さんの同意を得て、その方が望む治療を手掛けていくようにしています。そのための選択肢は広くなくてはならず、どんな症例にも対応できるように、日々の勉強は欠かせないというところです。当院には私以外に、義歯と咬み合わせを専門とする妻が診療をおこなっています。両方の専門分野を生かし、患者さんにより良い治療を提供できればと思っています。
また、今後については、ニーズの多いホワイトニングにもより一層力を入れていきたいと考えています。歯がきれいであることは、その人の人生に与える影響も大きなものになります。第一印象は、非常に大事なものですから。皆さんの多様なニーズに応えていけるよう、研鑽に励んでいきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ。

「自然の歯1本には、50万の価値がある」と仰った方がいました。どのような治療をおこなおうとも、自分の歯に優るものはありません。自分の今ある歯を長く保たせていくかということがいかに大事なことか。そのことを常に念頭に置いて診療をしなければならないと思いますし、皆様におかれましても、どうぞご自分の歯を大事になさっていただきたいですね。そのための役に、歯科医院を上手に利用していただければと思います。

※上記記事は2016年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

竹林 潤一郎 院長 MEMO

  • 出身地:富山県
  • 趣味:ドライブ
  • 好きな映画:アクション
  • 座右の銘:初志貫徹
  • 好きな音楽:R&B
  • 好きな場所:海

グラフで見る『竹林 潤一郎 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート