大田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(大田区)―

髙崎 俊輔 院長/池上通り歯科(池上駅・歯科)の院長紹介ページ

髙崎 俊輔 院長

Syunsuke Takasaki

生涯にわたって自分の歯だけで豊かな食生活を送るために、精一杯のサポートを実践。

大学卒業後、附属病院の歯周病科に勤務。その後、勤務医として経験を積んだのち、日本歯科大学で歯周病の専門性を磨く。その後、池上駅近くに開業。

髙崎 俊輔 院長

髙崎 俊輔 院長

池上通り歯科

大田区/池上/池上駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科

元気に長生きするためのお手伝いがしたい。

髙崎 俊輔 院長

漠然とではありますが、子どもの頃から「将来は人の役に立つ仕事をしたい」と思っていました。一口に「人の役に立つ仕事」と言っても数多くありますが、そのなかから、歯科医になることを決めたのは高校生のとき。ちょうどその頃、祖母が寝たきりの状態になってしまいまして……。体の自由はもとより、入れ歯が合わずに食べる楽しみまで奪われてしまった祖母の姿を目の当たりにして、「お口の健康管理を通じて、元気に長生きするためのお手伝いがしたい」という気持ちが自然と芽生え、歯科医になることを決意しました。
大学卒業後は、入学時からお世話になっていた教授に師事する形で母校の附属病院の歯周病科に勤務。3年間勤めたのち、大学病院を離れて一般の歯科医院で経験を積み、そのタイミングで開業することも考えたのですが、もう少し勉強がしたいと思い、今度は日本歯科大学に籍を置いて歯周病についてさらに専門性を高めました。そして2014年に、東急池上線の池上駅から徒歩3分のこの場所に「池上通り歯科」を開院し、現在に至っています。

幅広い年齢層の患者様に寄り添う地域密着の歯科医院。

髙崎 俊輔 院長

開業医になる際、心に決めていたことがいくつかありました。そのひとつは「歯科診療を通じて、患者様とは長いお付き合いをさせていただきたい」ということ。そのためにも、オフィス街ではなく住宅街にクリニックを構えたいと考えていましたので、ファミリー層を中心に多くの方々が暮らすここ池上はまさに理想的な場所でした。
そして、患者様と長いお付き合いをさせていただくなかでは、その方にお子様が生まれたり、あるいは将来的にはお年を召されて車椅子が必要になったり、といったことも当然出てくることでしょう。そうしたことも踏まえて、ベビーカーや車椅子のままでも診察室までお入りいただけるように、院内はバリアフリー設計としました。だからというわけではないかもしれませんが、おかげさまで、小さなお子様からご高齢の方まで幅広い年齢層の患者様にお越しいただいています。
あとは、院内は土足OKとなっており、とりわけ女性の患者様からは「いちいち玄関で靴の脱ぎ履きをしないで済むのは助かる」といった声なんかもよくいただいています。

高い専門性をもつ歯周病治療に力を注ぐ。

髙崎 俊輔 院長

冒頭でもお話したとおり、大学卒業後は歯周病について専門的に学んできましたので、私自身、歯周病治療ならびにインプラント治療を得意としています。たとえば歯周病に関して言いますと、腫れや痛みだけでなく口臭も異常を知らせるサインとなります。実際に当院にも、口臭を気にされて、それをきっかけにして歯周病治療に関心を持ちご来院される方も少なくありません。
そうした得意分野を持つ一方で、当院は「歯を治療する場所」というよりは「歯のメンテナンスをする場所」でありたいと考えています。その意味でもっとも力を入れているのは予防歯科と言えるかと思います。はじめから予防に対する意識を高く持っておられる患者様というのはそう多いわけではありません。なかには「歯医者に来るのは30年ぶり」なんておっしゃる患者様もいらっしゃいます(笑)。しかし、そうした方でも一度来ていただけると、歯の大切さを理解し、その後はメンテナンスやクリーニングのために定期的に通ってくださるようになります。地域の皆様のなかに予防の重要性が少しずつでも浸透していると思うと、歯科医としてたいへんうれしく感じます。

誰もが通いやすい雰囲気づくりに心がける。

まずは、患者様にとって通いやすいクリニックであることを心がけています。なかには、歯科医院に行きたいと思っているのだけど何となく躊躇されている方もいらっしゃるかと思います。そうした方が当院の前を通りかかったときに、中の様子が窺えるように、クリニックの正面はガラス張りに。待合室は、良い意味であまり病院らしくない、明るく開放的な雰囲気となっています。当院は予防やメンテナンスを重視していますので、その意味でも、患者様がはじめの一歩を踏み出しやすい、そして治療が終わったあとも定期的に通いやすいクリニックであることを強く意識しています。
もうひとつ心がけているのは、患者様にとって話しやすいクリニックであることですね。患者様の緊張を少しでもほぐして差し上げられるように、こちらから、あえて治療とは関係ないお天気の話や世間話をさせていただくこともよくあります。ちなみに患者様からは、お子様の歯のケアの仕方について多くご相談いただきます。私にも子どもがおり、お子様の歯磨きの大変さは十分に理解していますので、あまり頑張りすぎることのない、できる範囲内で効果的な予防法などをアドバイスさせていただいています。

これから受診される患者さんへ。

親御様のなかには「小さな子どもがいるため、歯医者になかなか行けない」という方も多くいらっしゃるかと思います。当院のユニットはすべて個室となっていますので、お子様連れで入室し、目の届くところで治療を受けていただくことができます。
口は体の入り口であり、健康の要でもあります。いくつになっても食べる楽しみを持ち続けていただけるように、私たちも精一杯サポートさせていただきますが、同時に患者様ご自身にもセルフケアを頑張っていただきたいと考えています。これからも患者様と二人三脚で、大切なお口や歯の健康管理に取り組んでいくことができれば幸いです。

※上記記事は2016年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

髙崎 俊輔 院長 MEMO

  • 出身:千葉県
  • 趣味:映画鑑賞
  • 好きな作家:辻仁成
  • 好きな映画:『ショーシャンクの空に』『レオン』
  • 好きな言葉:初心忘るべからず
  • 好きな音楽:J-POP
  • 好きな場所:鎌倉

グラフで見る『髙崎 俊輔 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート