大田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(大田区)―

矢野 圭介 院長/田園調布ヴェルデ矯正歯科(田園調布駅・矯正歯科)の院長紹介ページ

矢野 圭介 院長

KEISUKE YANO

歯並び、顎関節、咬み合わせを総合的、かつ専門的に診断し、美しい口元を実現。

大学卒業後、昭和大学歯科病院に勤務し経験を積む。2003年に、田園調布駅すぐそばに開業。

矢野 圭介 院長

矢野 圭介 院長

田園調布ヴェルデ矯正歯科

大田区/田園調布/田園調布駅

  • ●矯正歯科

地元である田園調布で、地域医療に貢献。

矢野 圭介 院長

うんと幼い頃に、アメリカに住んでいたことがありました。その当時通っていた歯医者さんの印象がとても良かったものですから、私も「歯医者さんになろう」と考えるようになったのです。
中で矯正を選んだのは、患者さんと長くお付き合いができる点を魅力に感じてのことでした。子供が成長していく過程にずっと寄り添えることは、それだけで楽しいことなのです。さらに言えば、矯正医は誰もがなれるというわけではありません。一般歯科医から矯正医になろうとしても難しいですし、ならば、最初からこの世界を目指そうと考えたのです。
昭和大学の歯科病院に勤務したのち、2003年に『田園調布ヴェルデ矯正歯科』を開院いたしました。地元であるこの地に医院を構える縁に恵まれたことを、とても光栄に思っています(東急東横線・田園調布駅より徒歩1分)。

健康を追求すれば、おのずから、きれいを得る。

矢野 圭介 院長

基本的な考え方として、歯は、健康であれば美しくなっていきます。つまり、健康を追求していけば、おのずから、きれいを得ることができるということなのです。そもそも、歯並びが良くなければ、すき間に食べ物がたまりやすくなりますし、唾液による自浄作用も充分に発揮されません。歯みがきにしても、難しくなりますよね。歯並びが整っていて、歯を失う方というのは、少ないのではないでしょうか。歯を失う原因となるひどい歯ぎしりにしても、咬み合わせが改善されることで良くなっていきます。矯正治療は最大の予防である。この観点に則り、当院では治療をおこなっています。

矯正治療も虫歯治療も必要ない子供を育むための「母親教室」を展開。

矢野 圭介 院長

虫歯を作ってしまったがために、歯並びが悪くなる方もおられます。特に、まだ乳歯の頃に虫歯になってしまうと、当然、その歯は早く抜けることになりますから、生え替わりの順番に狂いが生じます。永久歯は乳歯のあとに生えてくるものですから、その影響を少なからず受けることになるのです。母親教室は虫歯予防が主体となりますが、その先の歯並びに影響することを視野に入れ、おこなっているものなのです。
教室では、虫歯にならないための基礎知識をご紹介しています。お口の中で悪さをする菌が少なければ、虫歯にはなりにくいことはおわかりでしょう。ではその環境を実現する工夫としてどんなものがあるか。お菓子の種類を替えることも選択肢の1つですし、食べるタイミングを考えることもその1つでしょう。ここで重要なのは、ご紹介したすべてのことを必ずしも実践していただく必要はないということです。あれもダメ、これもダメでは、楽しい人生にならないですよね。何より、続けていただくことが大事なわけですから、無理のない程度で、患者さん自身で取捨選択をしていただければ良いと考えています。
矯正治療も虫歯治療も必要ない。そんな子ども達を育んでいくことを、当院ではコンセプトとして掲げています。

発音の悩みに向き合う「ことばの教室」とは?

言葉を上手く発することができない。発音が思うようにならない。どもってしまう(吃音)。こうした症状は、歯並びの悪さによって引き起こされることもありますし、精神的なものが要因となることもあります。当院ではその要因を言語聴覚士とともに鑑別し、その子その子に合わせた指導や治療をおこなっています。
残念なことに、発音や発声を専門的に診る医療機関の数は、まだまだ充分とは言えません。そのため、軽い症状のお子さんについては、適切な評価や充分な治療がおこなわれていない現状があります。当院の近隣のみならず、遠方からもお越しくださる方が多いのは、それゆえのことと思っています。微力ではありますが、心配されているご両親のお役に立てるよう、今後も力を入れていきたいと考えています。

これから受診される患者さんへ。

私は大学時代から顎関節の治療の研鑽も積んできました。矯正治療は歯並びを改善する治療となりますが、咬み合わせを改善するには、顎関節の状態を把握していなければなりません。そもそも、上の歯並びと下の歯並びをつなげているのは、あごの関節です。そのジョイントの部分が壊れていれば、上手く噛めないことは言うまでもありません。『田園調布ヴェルデ矯正歯科』では、歯並び、顎関節、そして咬み合わせを総合的に、かつ専門的に診断し、治療をおこないます。あごが痛い、噛むときに音がする。そんな悩みを抱えていらっしゃる方は、お気軽にご相談ください。
当院では、毎回の処置料は頂戴せず、トータルフィーで費用を提示させていただいています。矯正治療では、月に1回を目処に調整をおこないますが、症例によっては、その数が月に2回、3回となることもあります。処置料を毎回いただいていては、それが足かせとなり、充分な治療ができないこともあり得るでしょう。より完全な治療をみなさまに提供するべく、当院ではこうした形式をとらせていただいているのです。
遠慮なくご要望をお伝えください。わかりやすい言葉で、ご理解いただけるまで誠意を持って説明をおこない、充分に納得いただいてからの治療を提供してまいります。

※上記記事は2016年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

矢野 圭介 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:サッカー
  • 好きな作家:司馬遼太郎
  • 好きな映画:レオン
  • 座右の銘:為せば成る
  • 好きな音楽:J-POPから洋楽まで幅広く
  • 好きな場所:自宅

グラフで見る『矢野 圭介 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート