大田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(大田区)―

大場 博継 院長/大場歯科医院(六郷土手駅・歯科)の院長紹介ページ

大場 博継 院長

HIROTSUGU OBA

「当たり前の治療を行う」がモットー。
清潔でしかも、正統派の安心感を感じることができる歯科医院

日本大学松戸医学部を卒業後、在学中の先輩の歯科で3年間勤務、その後医療法人の歯科で分院長に従事し数々の研鑽を積んだ後、平成11年に京浜急行線の六郷土手駅で下車徒歩1分の場所に当院を開院。

大場 博継 院長

大場 博継 院長

大場歯科医院

大田区/仲六郷/六郷土手駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●訪問歯科診療

亡き父の影響を感じつつ、歯科医師として研鑽を積む

大場 博継 院長

元々、父親が歯科医院を開業しており、その様子を見て育ちました。その影響はあったと思います。
大学在学中は障がい者歯科学研究室に在籍していました。その時に知り合った先輩の下で働くことになり、都合3年お世話になりました。その後知り合いの歯科医院で分院長として勤務しました。今開業している場所は他の方に居抜きでお貸ししていたものだったのですが、丁度空くことになり、平成11年に開業することになりました。(京浜急行本線の六郷土手駅で下車徒歩1分)

長年親しまれる、「当たり前のことを普通に行う」がモットーの歯科医院

大場 博継 院長

お見えになる患者さんは、義歯の方、ご高齢の方が比較的多いですね。また、最近はマンションが多くなったためか仕事帰りにいらっしゃる方もいらっしゃいます。昔はお勤めの方が8割を占めていたのですが、年月が経つにつれて患者さんの層が少しずつ高齢化してきていると感じています。他にも親御さんがお子さんの治療に訪れることもあります。治療する内容に関しては義歯の方の他、歯周病のケアが必要な方が多いですね。使用する義歯は一般的なものがほとんどです。
「当たり前なことを普通にやる」ということをモットーにしています。使用している設備も当たり前なもの、普通なものを置いており、特に変わったものはありませんが、滅菌には力をいれています。これも当たり前のことだと思っています。
待合室には、ミニチュアカーのコレクションを少し置いています。以前は何も置いていなかったのですが、試しに置いてみたところ、女性の方を始め喜んでくれる方がいらっしゃるので少しびっくりしているんですよ。

痛みや腫れを取る根管治療を大切に

大場 博継 院長

当院で行う治療で多いのは、歯の神経を取る、膿んでしまった歯を治療する、痛みや腫れを取る…といった歯の根の治療である根管治療ですね。これも当たり前のことをきちんとやるに尽きます。
また、大人の方とお子さんでは若干治療のプロセスを変えています。お子さんは治療に慣れていない場合や怖がることもあるので、なるべくなら「治療のためのトレーニング」をして治療への導入を図るようにしています。これは小児歯科の専門医などでは行われることも多い方法です。具体的には、口の中で水を出して、歯を削るまねをするといった練習を2回から3回行います。そうすることでスムーズに治療に移ることができます。お子さんの場合、この治療のための練習もきちんとやることが、実際の治療をきちんとするために必要なことと考えています。

患者さんの意図をくみ取ることに時間をかける

日頃の診療では、なるべく患者さんと意図を汲み取ることに力をいれて、そこに時間をかけるようにしています。例えば、短い期間で終わらせたいのか、治療に来ることができる時間が限られる、費用の問題など、患者さんも考えがまとまらなかったり表現するのが難しかったりする場合も少なくありません。特に初診の方は分からないことが多いですし、時間をかけてしっかりとお話を聞くように心がけています。
実際に治療をする際には普通に自然体で接しています。人からインターネットで対応が優しかったという人がいたよ…といわれることがあったのですが、自分としては、普通に接しているつもりです。私のキャラクターがあまり「立派な先生」という感じがしないことも影響しているのかもしれませんね。
また、治療をしていて最近嬉しかったことは、昔、虫歯だらけだった方が虫歯のない大人になっていたことですね。中学生くらいからお引越しをしても、ずっと通われている患者さんなのですが、来院のたびに「ここが汚れていますよ」…といったアドバイスはしていました。予防歯科的な指導という意識はなかったのですが、しっかりとアドバイスを受け止めてくれていたのでしょうね。

これから受診される患者さんへ

基本的に口の中の健康を保つにはブラッシングが必要不可欠です。虫歯や口の中の病気の予防にもなるので、しっかりと行ってもらうことを訴えたいですね。治療よりも日頃からの予防が大事です。
昔は私も悪くなった歯を治して行く、ということが多かったのですが、最近は予防歯科という概念も話題になり浸透しつつあります。これは今まで治療を行う中での体験から感じたことです。また最近では、歯の汚れや黒ずみを取る目的でいらっしゃる方も多くなっています。30代女性の方が多いですね。歯の汚れが気になる方もぜひ来て頂きたいと思います。
歯のメンテナンスのために歯科に通うサイクルは、口の中の状態や日々のケアにより個人差がでてきます。まずはお口の状態を見せていただければ最適な通院サイクルをご提案できると思います。
口の中の病気の予防やケアをするためには、自分の口の中の状態を客観的に知ることが出発点です。そして、定期的に口の中の状態をチェックすることをおすすめします。虫歯になる前であれば、歯科での診察も痛いことがありませんからね。歯医者は決して怖い所ではないので、安心して来て頂きたいと思います。

※上記記事は2017年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

大場 博継 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県川崎市
  • 趣味・特技:合気道
  • 好きな本:植村直己さんの著書
  • 座右の銘:結果を出す
  • 好きな音楽:クラッシック
  • 好きな場所:白骨温泉

グラフで見る『大場 博継 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート