大田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(大田区)―

勝田 優一 院長/MoMo歯科(洗足池駅・歯科)の院長紹介ページ

勝田 優一 院長

YUICHI KATSUTA

通いやすく温かな医院を目指し、
地域の人に本当に必要な歯科医療を提供。

鶴見大学卒業。『Luz大森アプル歯科医院』の院長職を経て、2017年3月に『MoMo歯科』をオープン(東急池上線「洗足池駅」より徒歩2分)。

勝田 優一 院長

勝田 優一 院長

MoMo歯科

大田区/上池台/洗足池駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科
  • ●訪問歯科診療

経験と知識を積み重ね、再び地域医療へ

勝田 優一 院長

幼い頃から科学への興味があり、その流れを受けて理系の方向に進んだのですけども、直接のきっかけとしては、親戚に歯医者さんがいたことが大きかったでしょうね。細かい作業が好きでもありましたので、意外にすんなりとこの道を志すようになっていました。
こう言ってはなんですが、私は最初の開業が早かったのです。ご近所にお年を召した先生がいらして、その方に跡継ぎがいないということで私に話があり、トントン拍子で開業にいたりました。転機が訪れたのは、そちらで開業して10年と少し経った頃。大学の先輩から「診療所を手伝ってくれないか」と声を掛けられ、私は自分の診療所を閉じてそちらに赴くことになりました。一大決心であったことは間違いありませんね。しかし、一旦開業してみますと、他の診療所を見る機会はそうそうあるものではありません。熟慮した結果、この機会にもう1度勉強をやり直すという意味合いもかね、先輩の誘いを受けることにしたのです。実際、そちらは規模の大きな歯科医院でしたから、非常に多くの患者さんを診る機会に恵まれました。多方面に経験のある同僚もいたことから、今につながる大きな財産を得ることができたと思っています。
『MoMo歯科』は、2017年3月に開院いたしました。これまで培ってきた経験を生かし、地域の方達に密着した診療所にしていければと思っています。

“MoMo”に込めた想い

勝田 優一 院長

「入りづらい」「怖い」「暗い」といったイメージを持たれてる方も多いかと思います。私たちは歯医者さんのそんなイメージを払拭したいと考えました。外から中の様子が見えるようになっているのもその1つ。それから診療室は半個室としました。完全個室にすることも可能だったのですが、閉鎖的な空間になるより、オープンのほうがよりリラックしていただけると考えたのです。また、ドアを閉めれば、親子でスペースを使えるような造りにしています。設備面では、衛生面への配慮を第一に考えました。ユニットごとに備えた口腔外バキュームや、歯を削るハンドピースなどを洗浄できる器機などがその一例です。清潔で安全なことをまず第一に考え、すべての方に安心して治療を受けていただけるようにと思っています。

当初はご高齢の方々を訪問で診ていくことがメインになるかと想定していたのですが、お子さんが意外にも多いのには少しビックリしました。入口脇に設けてあるキッズルームでは、子ども達がよく遊んでいってくれます。もちろんうちの患者さんではありますが、予約がない時にでも楽しそうに遊んでくれている光景を見て、ぼくの理想としていた診療所がここにあると感じています。
医院名に冠しました“MoMo”は、実は娘の名前を使わせてもらいました。皆さんに親しみやすい、やわらかい感じを持っていただければと思っています。

良い予防歯科とは、技術をともなってこそ

勝田 優一 院長

痛くなったから歯医者に行くのではなく、痛くなる前に歯医者に行き、痛くならないように定期的にメンテナンスをする。それが、「予防歯科」という考え方です。予防歯科は小さなお子様からご年配の方まで、また歯のトラブルの有無にかかわらず、すべての方に受けていただきたい。当院では毎日のセルフケアと診療所で行うプロフェッショナルケアでの「予防歯科」をまず患者の皆様に理解していただき、実践して行こうと思っております。
健康な歯をできる限り残すことへのこだわりを持っています。安易に抜歯することは、決して患者さん本意の治療ではありません。あらゆる手段を尽くして、なんとか頑張って残そうとして、それでも駄目ならば・・・という順番を、歯科医師として、忘れてはいけないと思っています。もしも、その治療技術がないことを理由に安易に患者さんの歯を抜き、インプラント治療を行っているとするならば、それは本来のあるべき歯科医師像ではないと考えます。歯を抜くことやインプラント治療とは、歯を残す技術があってこその治療法だと思っています。

地域の皆様のニーズに応えるべく、訪問歯科診療を実施

これまでのところ、毎週水曜日を訪問歯科診療の日にあて、地域の方々のご要望にこたえていきたいと考えています。
ここ15年ほど、高齢者の歯科医療を少しずつ研鑽を重ねてきており、ついこないだまでは老人保健施設に出向き、摂食嚥下指導をおこなっていました。摂食嚥下とは、ごはんを食べられなくなった方に対し、食べ物の形状を工夫したり、お口の環境を改善することにより、再び食事ができるようになっていただくための指導ということになります。我々の大学時代には、そのような分野はまだ影も形もなかったのですが、今後はよりその重要性が増していくことでしょう。他業種の方々とも連携をとりながら、より良いカタチを求めていきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

非常に珍しいことかもしれませんが、この5月(2017年5月)より、男性の方に受付を担当していただく予定です。ユニークな試みかもしれませんが、飲食業に長く携わってこられた経験を生かしてもらい、クリニック全体でより充実したコミュニケーションをはかっていきたいと思っています。
歯医者さんに来るとどうしても身構えてしまい、聞きたいことも聞けなかったということはないでしょうか。そうしたハードルを少しでも下げて差し上げたいと思っていますし、地域に根付いた、やさしい医療を末永く提供してまいります。

※上記記事は2017年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

勝田 優一 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ゴルフ、アウトドア
  • よく手にとる本:歯科関連書籍
  • 好きな映画:アクション
  • 好きな言葉:感謝
  • 好きな場所:海

グラフで見る『勝田 優一 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート