大田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(大田区)―

工藤 千秋 院長/くどうちあき脳神経外科クリニック(大森駅・脳神経外科)の院長紹介ページ

工藤 千秋 院長

CHIAKI KUDO

笑顔で元気に過ごせるようにしてあげたい。心と体のはたらきを元からじっくり正す。

大学卒業後、英国バーミンガム大学、東京労災病院、鹿児島市立病院脳疾患救命救急センターなどで脳神経外科を学ぶ。その後、大森駅近くに開業。

工藤 千秋 院長

工藤 千秋 院長

くどうちあき脳神経外科クリニック

大田区/大森北/大森駅

  • ●脳神経外科
  • ●心療内科
  • ●神経内科
  • ●整形外科
  • ●訪問診療

沢山の人に癒しを与える存在になりたい。

工藤 千秋 院長

幼稚園の頃に、風邪をひいて連れて行ってもらった近所のお医者さんの白衣姿に憧れたことがきっかけです。優しく接してくれた看護師さんたちのホスピタリティを幼いながらに感じ取り、自分も沢山の人に癒しを与える存在になりたいと思い医師を志しました。脳神経外科を専門とした理由は、脳という神秘の世界を直接この目で見て、悪い部分を治したいと思ったからです。それから勤務医として外科手術を行う日々をおくっていましたが、やはり外科措置だけでなく患者さんの長期的アフターケアやメンタルケアに重点を置いた
病気の『水先案内人』患者さんの『主待医(しゅじい)』として癒しの場を提供したいと思い、開業に至りました。

五感の全てに心地良いクリニックを目指して。

工藤 千秋 院長

勤務医時代に勤めていた東京労災病院と連携を取りやすくするためこの地を選びました。(大森駅徒歩5分)
内装はオレンジ・イエロー・グリーンを基調としていまして、これらは私が海外にいた頃に非常に元気をもらった色で、それぞれ太陽・明るい空気・森林をイメージしています。美しい活け花のある待合室は、水が穏やかに流れている様は視覚と聴覚、アロマやお香は嗅覚、ヒーリング音楽は聴覚からと、五感で心地良さを感じていただける空間になっております。
設備面では、閉所恐怖症の方でも安心できるように、CT室の天井に星空が流れる装飾を施し、お子様でも抵抗なく検査を受けていただけるように工夫しています。さらにオープン型MRIに加えてNATというソフトを使用して脳波を解析、アルツハイマーを早期発見できるハイレベルな設備も備えています。
それから、セラピールームを併設しておりオイルを使ったセラピーを専門のアロマセピストが行っています。受診される患者さんはもちろん、同伴のご家族の方もご利用いただけますよ。

『もの忘れ昧神外来』の受診で、認知症の予防、早期発見を。

工藤 千秋 院長

脳や精神の機能が低下して曖昧な状態『昧神(まいしん)』つまり認知症の予防、早期発見のために『もの忘れ昧神外来』を開いてます。私の師のお一人である田平武先生が週に2回、認知症で苦しむ方に適切な治療、アドバイスを行っています。また、鬱や気分障害といった症状でいらっしゃる方のために診療内科にも力を入れており、光トポグラフィーを使用した客観的、脳科学的な診断・治療を行っています。こちらは精神の自覚症状がわからない患者さんにも非常に有効ですね。もちろん、頭痛・首の痛みで来院される方には脳外科的措置を行っています。このように、外科・内科の両側面から治療を行うことができるのが、当院の特徴です。

医療の原点は触れ合いから。患者さんが心を解放できる場所になる。

待合室の壁に大きく描かれたフレスコ画は患者さんのご家族に描いていただいたものです。その中にお母さんが子供に手を当てて癒している部分があるのですが、こちらは医療の原点である『手を当てる』つまり『手当』を表しています。私の治療のベースは薬・メスだけでなく、西洋医学や東洋医学、漢方といったあらゆる良いものを横一線に取り入れた補完療法なのですが、それだけでなく、やはり患者さんの顔、目をみてお話しすること、触れ合いを大事にしています。そして若い方、ご高齢の方でもしっかりと丁寧に説明をして、病気や治療にまつわる不安を解消していただくことを心がけています。そのため当院の診察室は、私と患者さんの1対1でゆっくりお話しさせていただいて、患者さんが心を解放できるように、看護師さんも入ってこない完全な個室になっているのです。

これから受診される患者さんへ。

当院の4階には『元気だ脳!』と名付けたデイケア施設を開いています。脳に特化したデイケア、有効なリハビリを様々なプログラムを通じて行っております。そして、高齢化社会に伴い訪問診療をはじめとする在宅医療も行っていますので、遠慮なくお申し付けください。
私が一番やりがいと喜びを感じることは、来院当初は塞ぎ込んだ顔をしていた方が、カウンセリングや治療を通じて段々と笑顔になっていくことです。地域の皆様がニコニコとした笑顔で元気に過ごせるように、これからも努力していきますので、ぜひお気軽にご来院ください。

※上記記事は2016.3に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

工藤 千秋 院長 MEMO

神経内科専門医

  • 出身地:長野県
  • 趣味:ゴルフ、剣道
  • 好きな本・作家:落合信彦著作品
  • 好きな映画:黒澤明監督作品
  • 好きな言葉・座右の銘:今を生きる
  • 好きな音楽:イージーリスニング
  • 好きな場所:森林が多い場所

グラフで見る『工藤 千秋 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート